仮想通貨と電子マネーを比較!その2つにはどのような違いがあるの?

仮想通貨と電子マネーは、似ているようで似ていません。それでは、仮想通貨と電子マネーの違いとは何なのでしょうか?

仮想通貨ってどのような通貨?

仮想通貨とは仮想の通貨であり、実在しない通貨になります。実在しませんが、インターネット上で取り引きなどをが行える通貨で、「暗号通貨」ともいわれています。

日本円は銀行が関わっていますが、仮想通貨は銀行に関わっていません。そのため、仮想通貨を送りたい時は銀行を経由する必要がなく、送りたい相手に直接送ることができます。

仮想通貨はビットコインやイーサリアムが有名ですが、その他にもたくさんの種類の仮想通貨があり、仮想通貨の種類は2,000種類以上あるといわれています。

電子マネーってどのようなマネー?

電子マネーとは、スマートフォンや特定のカードにお金をチャージし、そのチャージしたもので支払いができるお金になります。

「チャージする」ということを分かりやすく説明すると、スマートフォンやカードにお金を入れることです。そうすることによって、電子マネーが使えるお店などでは、スマートフォンやカードをかざすだけでお金を支払うことができます。

かざすだけなのでスピーディーに支払うことができます。また、ポイントがつくので、とてもお得です。

有名な電子マネーを挙げると、Suica・PASMO・WAON・nanacoになります。

仮想通貨と電子マネーの違いについて

電子マネーは電子化されたお金であり、通貨ではありません。それに対し仮想通貨は、物として実在しない通貨です。実在しませんが、実際に存在する日本円などと同じ通貨になります。

そして、電子マネーは国が発行している日本円をチャージして使用するため、電子マネーの価値は国によって保証されています。

ですが、仮想通貨の価値は国によって保証されていなく、仮想通貨そのものの信用で価値が保証されています。

仮想通貨と電子マネーの違いはその他にもあり、送金できるかや、価値が変化するかなどの違いがあります。

仮想通貨は銀行を経由しないで直接相手に送金することができ、海外に送ることも可能ですが、電子マネーは送金することができません。

そして、仮想通貨は価値が頻繁に変動しますが、電子マネーで使用される日本円の価値は変わりません。1円の価値は1円であり、1円の価値が2円や10円になることはありません。

まとめ

仮想通貨と電子マネーを比較する方もいますが、その2つは全く違うものになります。

電子マネーは、スマートフォンやカードが財布代わりになり、スピーディーにお金を支払うことができます。

仮想通貨は、ウォレットという場所に保管して、インターネット上でやりとりする通貨になります。

 

作成者: stacynashprimitives